「バッテリー内蔵型マスク」とは!?韓国のLGエレクトロニクスが『PuriCare Wearable Air Purifier』を発表!

韓国の大手家電メーカーであるLGエレクトロニクスは、バッテリー内蔵型のマスク『PuriCare Wearable Air Purifier』を発表。
一体どんなマスクなのでしょうか。詳細をご紹介します!

バッテリー内蔵型のマスク『PuriCare Wearable Air Purifier』

LGエレクトロニクスに発表したバッテリー内蔵型のマスクの商品名は『PuriCare Wearable Air Purifier』。

マスクに電動ファンの機能を備え、空気清浄機と同等のフィルターを付与した“ウェアラブル空気清浄機”といった位置付けのデバイス商品です。

空気清浄機によって有害物質を薯蕷したウイルスレスな空気を、電動ファンで無理なく呼吸できるようにしています。

マスク『PuriCare Wearable Air Purifier』の販売価格や販売時期は未定

内蔵しているバッテリーは容量820mAhで、最大8時間の使用が可能になるとのこと。

マスクにしては一見重そうに見える『PuriCare Wearable Air Purifier』は、外側がプラスチック、肌に触れる部分はシリコーン素材を採用し、質量にして120~130g。

一般的な不織布マスク(約3g)ち比較すると40倍の重さがありますが、顔の形に添うデザインにしていて、装着感に優れて何時間も快適に着けられるよう工夫されています。

販売価格や販売時期は未定として、まずは韓国ソウル市内の大学病院で2000個寄付し、実際の利用者の声を集めているそうです。